人気ブログランキング | 話題のタグを見る
建青連スポーツ交流会(モルック)
ここ数年、建青連スポーツ交流会の種目はフットサルが続いていましたが、今回はちょっと趣旨を変えて、最近テレビ等でも紹介されている話題のスポーツ『モルック』を3月13日(日)に川西市のモルックドームで行いました。

モルックのルールはモルック棒と呼ばれる棒を投げ、スキットル(木で作られたピン)を倒して得点を競うスポーツです。得点の数え方が独特で、一本しか倒れなかった場合はスキットルに書かれた数字がそのまま得点になり、複数倒れた場合は倒れたスキットルの本数が点数に反映されます。そして最終的に50点ちょうど取得すれば勝利となります。(50点を超えてしまうと25点に半減)ゲームのスタート時にはスキットルが一箇所にまとまっているので倒しやすいですが、プレイが続くとスキットルが散らばり倒すのが難しくなります。さらに相手に勝たせないようにスキットルを倒してプレイを妨害する等、戦略性が強い一面もあります。

今回参加者全員が未経験者でしたが、川西モルックの会代表の中 博司さんがルールやゲーム進行のサポートをして下さったおかげで、スムーズに試合を進めることが出来ました。試合の構成は前半が全6チームによる総当たり戦、後半は上位3チームによる決勝戦となっています。決勝戦の序盤はどのチームも一進一退の攻防を続けていましたが、点数が50点に近づくにつれて緊張感が生まれミスが増える場面も。そのなかで東播建設チームが、倒すとちょうど50点になるスキットルをピンポイントで倒し、見事優勝を勝ち取りました。その後、表彰式・閉会の挨拶と続き、建青連初の試みであるモルック大会は無事に終了しました。

実際にモルックをプレイした感想としては、老若男女問わず幅広い年齢層の方々が楽しめ、上記のように述べた戦略性もあり、非常に奥が深いスポーツです。興味のある方は是非プレイしてみてください!
建青連スポーツ交流会(モルック)_a0143094_11532075.jpg
建青連スポーツ交流会(モルック)_a0143094_11543979.jpg
建青連スポーツ交流会(モルック)_a0143094_11520013.jpg

by hyogo-kenren | 2022-03-15 11:24
<< 建設業の一人親方等のための安全... 第13回 関西青協統一行動 >>